About Super FJ

Super FJについて

日本のナショナル・フォーミュラとして1980年にスタートしたFJ1600の後継カテゴリーとして、2007年よりスタートしたのがスーパーFJレースです

本格的フォーミュラカーとして安価に出来るカテゴリーであり、F4、F3、FNへと続く日本のフォーミュラ・ピラミッドの底辺に位置します。
入門用として、あるいは上級フォーミュラへのステップとして、若手の育成に適しているばかりか、フォーミュラ・レースに生き甲斐を求められるベテランドライバーも多く参加されています。

車両は1500ccのエンシンを搭載し、シャシーはチューブラースペースフレームに鉄板の外皮を加えた強固な構造で、側面防護体も加えて安全性の高いのです。また、万一の破損時にも安価に修復が出来る構造です。ウイングは初歩の空力を学べる共に、雨天時の安定性確保に大きく役立っています。そして50mmという最低地上高の制限もあり、コース外に飛び出しても復帰しやすく車両も傷めにくくするなど、FJ1600からの進化版として随所に知恵が生かされた構造となっています。

スーパーFJのレースは、全国各地のサーキットでJAF地方選手権レースとして開催されています。(詳細はスケジュールをご覧ください)
そして、年末には「S-FJ日本一決定戦」が開催され、文字どおり全国からスーパーFJのドライバーが集結して日本一の座をかけて争います。
その「S-FJ日本一決定戦」参加者の中から1名がJSSスカラシップとして翌年度のF4レースにスカラシップ参加出来る奨学制度が例年設定されています。

コストパフォーマンスに優れた本格的なフォーミュラ・レースとして、スーパーFJは全国の多くの参加者に支持されたカテゴリーとなっています。

▲ ページトップ

Super FJ車両の概要

車両規則はFJ1600を進化させたもので、ホンダ1.5Lエンジンを搭載、レース専用ミッションの採用、フレームの安全性を大幅に向上、コックピットサイズの拡大、そして前後ウイングの装着などが計られています。

主な特徴

  • エンジン:本田技研製 L15A SOHC 1500cc 軽度のチューニングにより約120ps
  • ミッション:戸田レーシング製 TODA S-FJ 5速 レーシングミッション(Hパターン ドグミッション)
  • フレーム:鋼管スペースフレーム+鉄板によるセミモノコック構造
  • 側面防護体:周円型の鉄パイプ構成とし、サイドインパクトに対し強力に防護する構造です。
  • ヘッドプロテクター:ドライバーの頭部を守るヘッド/サイドパッド方式を採用しました。
  • コックピットサイズ:内部断面積及び最小幅を広げ、居住/操作性を高めると共に、クラッシュ時の
      ドライバースペースを確保します。
  • 前後ウイング:断面プロフィールを統一したウイングを装備します。
      高速時の車両のリフトを防いで安定性(安全性)を確保。また、現代のフォーミュラに於ける
      コーナリング特性の普遍化を計ったものです。また雨天時の浮上り防止に大きく貢献します。
  • 最低地上高:50mm を設定、コースアウト時のコース復帰性を大きく向上させます。
  • タイヤ:13インチでドライ用スリックとウエット用パターン付を使用。
      予選決勝を通じてドライタイヤは1セット規定。

ギヤレシオ:スーパーFJマーク付認定ギアのみを使用

各サーキットの基準レシオは(基準であり選択は自由)は下記のとおり。

  岡山 鈴鹿 モテギ 筑波 新車時※1
1ST 12/31現行 12/31現行 12/31現行 12/31現行 12/31
2ND 13/27新規 14/26現行 15/30新規 15/30新規 14/26
3RD 16/26新規 16/23現行 17/26新規 16/26新規 16/23
4TH 19/26新規 18/22新規 19/25新規 19/26新規 19/22
5TH 19/22現行 25/26新規 24/26新規 19/22現行 25/25

▲ ページトップ